ボードゲーム会主催者ヨッシーのボードゲーム紹介♪

新宿でボードゲーム会を主催していますヨッシーです^_^ここでは私の持っているボードゲームの紹介をしていきます♪気になったのがありましたら、ぜひ遊びに来てください\(^^)/

ふたつの街の物語〜ちょっと変わった協力ゲー〜

今回紹介するのはちょっと変わった協力ゲーム、「ふたつの街の物語」です

f:id:xyoshixaki:20200524003758j:image

どんなところが風変わりか、というと協力ゲーと言いながら、協力するのは両隣だけ。それ以外は全員敵という他には類を見ないコンセプトのゲームになっています

 

プレイ人数

1人〜7人
プレイ時間 25分
ルールの複雑さ ★★★★☆(ちょっと複雑)
繰り返し遊べる

★★★☆☆ (何度でも遊べる)

 

ストーリー

19世紀初頭には、莫大な数の都市化が行われました。あなたは名高いプランナーとして。2箇所の街から都市の再建の助力を頼まれました。ただし、このような重要なプロジェクトには、複数の専門家が必要になります。ですので、あなたはこの壮大な計画を実行するために、(あなたのような)他の専門家とペアをペアを組まされることになります。

あなたの計画と、あなたの協調性によって、世界で最も印象的な都市をふたつ、設計することができるでしょうか?

f:id:xyoshixaki:20200524003831j:image

 

ゲームの準備

ゲームの準備は簡単!

席順を決めて座るだけです

まあ、あとこんな感じで蓋にバサーっとタイルを入れてもらえるとゲームがスムーズに進みます(^O^)/ 

f:id:xyoshixaki:20200524004916j:image

あとはゲームスタートです!

 

ゲームの概要

このゲームは右隣と左隣の人と協力して、こんな感じの4×4の正方形の街を2個作っていきます。

f:id:xyoshixaki:20200524004835j:image

最終的に、どのプレイヤーも右隣の人と作った街と左隣の人と作った街の2つ街が出来上がりますね。その内、点数の低い街が自分の得点となり、その点数を競うゲームです!

隣の人だけと協力してプレイするという発想が独特ですね😃

 

ゲームの流れ

ゲームは3回に分かれます

1ラウンド目

まずは7枚紫のタイルをもらいます

この7枚が今回の手札。

f:id:xyoshixaki:20200524005037j:image

ふむふむ、この中から2枚選ぶ…

全員選び終えたら、一世にオープンしていきます(^O^)/

f:id:xyoshixaki:20200524005315j:image

それから、選んだ2枚を右の町に置くか左隣の町に置くか、考えます

 

隣の人と合わせて2枚をどう置くか、ですね

最初だからテキトーに♪

f:id:xyoshixaki:20200524005345j:image

2枚だけの町ってちょっと寂しいですね

 

残ったタイルは左隣の人に渡して時計周りに巡っていく

 

次は5枚!

f:id:xyoshixaki:20200524005605j:image

その中から更にその中から2枚選んで、

f:id:xyoshixaki:20200524005625j:image

左右に配置♪

f:id:xyoshixaki:20200524005757j:image

2枚追加して4枚です。先の2枚とくっつけるように置いてください。少しずつ街らしくなって来ましたね

 

 

次はこの3枚の中から2枚!

f:id:xyoshixaki:20200524005914j:image

 

選んだタイルを中央に置いてオープン!

f:id:xyoshixaki:20200524010042j:image

これで6枚ですね

4×4の街を作るので、全部直線はNG❌

 

必ず4×4に収まるように置いてください。

左の街はこんな感じ

f:id:xyoshixaki:20200524010322j:image

右の街はこんな感じ

f:id:xyoshixaki:20200524010256j:image

 

段々と街っぽくなって来ましたね

そろそろ街の全容を考えないと…ですね

残った1枚は使いません!

脇に置いて次のラウンドへ

 

ラウンド2

ラウンド2は黄色いタイル!

f:id:xyoshixaki:20200524011003j:image

これを3枚選んで、また2枚ドラフトして、どちらか選ぶ♪

なんですけど、黄色いタイルは長方形…

これには置くルールがあります

 

1.街からはみ出ない。

街からのはみ出しは禁止です。必ず4×4に収めて下さい

f:id:xyoshixaki:20200524011630j:image

2.必ず上向きに置く

黄色いタイルは向きがあります

f:id:xyoshixaki:20200524011020j:image

もちろん逆さもNGです

必ず絵柄の向きを揃えて下さい

 

ラウンド2はこの1回だけ!計2枚のタイルを置いて終了!

それぞれの都市はこんな感じ

f:id:xyoshixaki:20200524012257j:imagef:id:xyoshixaki:20200524012301j:image

大体、4×4の形が見えてきたんじゃないでしょうか?

 

ラウンド3

ラウンドスリーはラウンド1の逆順です。

時計回りに渡していたのが、今度は反時計回りに回していきます♪

渡してもらったタイルから取るモノを察してもらっていたラウンド1・2とは違って、今度はこっちが仲間の作戦を察してあげましょう♪

 

そうしてできた町がこの2つ!

f:id:xyoshixaki:20200524013315j:imagef:id:xyoshixaki:20200524013319j:image

高い点数になっているといいですね

 

点数計算

では、点数計算!

点数計算のルールが結構あります。

 

商店

商店は黄色いタイル!

一列に並べると点数が上がっていきますよ!

1枚だと2点、2枚並ぶと5点、3枚並ぶと10点、4枚並ぶと16点、と段々と上がってきます

f:id:xyoshixaki:20200524015257j:image

目指せ!横or縦一列

※2回カウントはできないので注意です

f:id:xyoshixaki:20200524015436j:image

この場合は15点です!

 

工場

f:id:xyoshixaki:20200524015525j:image

灰色のタイルは工場

工場はマジョリティの競争です

より多く、工場を立てた人が高得点をもらえます。

1位の人は工場1枚当たり4点、2位の人は工場1枚当たり3点、3位以下は一枚2点です

 

酒場

酒場はセットコレクション

酒場は4種類あります

f:id:xyoshixaki:20200524015603j:image

酒場はこの種類数が増えると点数が大きくなっていきます

1種類だけなら1点、2種類だと4点、3種類だと9点、4種類全部集めるとと17点になります

複数枚あると場合は別セットとして点数計算されます。

 

オフィス

f:id:xyoshixaki:20200524015701j:image

オフィスは枚数が点数になります。

1枚で1点。2枚で3点。3枚で6点。4点で10点。5枚で15点。6枚で21点。

点数は低いですが、伸ばしやすいのがポイントですね

またこのオフィス、酒場が隣接している場合はボーナスがあります。

酒場が隣接しているオフィスは追加で1点もらえます!

f:id:xyoshixaki:20200524020043j:image

※2個酒場が隣接してても+1点です

 

公園

公園は接している公園の数で点数が伸びていきます。

1個なら2点、2個なら8点、3個なら12点、4個で13点、5個で14点

f:id:xyoshixaki:20200524020424j:image

2個、3個の時は1枚当たり4点と1枚当たりの点数がめっちゃ高いです♪

でも、それ以降は1枚+1点と点数が急に伸びなくなります。

2枚3枚で止めたいですね。

 

住居

最後は住居

うまく置ければ点数効率が一番高いポテンシャルを持っているのが、このタイルです

得点は場にある住居以外のタイルの種類数!

種類は5種類あるので、Max5点!

ただし、工場の隣にある住居とか最悪なので、1点になってしまいますorz

f:id:xyoshixaki:20200524022252j:image

上手く工場との隣接を避けて全種類コンプを目指したいですね。

 

実際の点数計算

これで、作った街の点数を見てみましょう。

(その前にゲームの流れに戻って、タイルの置き方を考えなら読み直すのもオススメです😃)

 

左の街

左の街はこちら

f:id:xyoshixaki:20200524013315j:image

商店:3枚=10点

工場:4点(1位)×5枚=20点

酒場:4種=17点

オフィス:2枚=3点

    ボーナス1点×2枚=2点

    計5点

公園:1枚=2点

住居:5点(5種類)×1枚=5点

合計:59点

 

右の街

今度は右の街ですね

f:id:xyoshixaki:20200524013319j:image

商店:1枚=2点

工場:2点(3位)×1枚=3点

酒場:3種=9点

オフィス:5枚=15点

    ボーナス1点×5枚=5点

    計20点

公園:2枚=8点

住居:5点(5種類)×4枚=20点

合計:62点

 

得点

右の街59点

左の街62点

つまり、私の点数は59点

中々伸びたのではないでしょうか?

今回は奇跡的に私単独の勝利!

やはり、勝てるとより一層楽しいですね

 

このゲームの面白さ

大人数プレイが熱い

 このゲームは協力型対戦ゲームとでも呼べばいいのでしょうか?隣の人と協力していく一方で、点数を競う対戦要素もあります。

ただ、このゲームを少人数でやると微妙な空気になる恐れがあります。例えば、3人でやると左右の2人と協力しているから、協力しているのに、対戦している???ってなりますね。

しかもこのゲーム2人勝ちがあり得るので、そうなると1人だけ負けもあり得ます…3人のなかで、一人負けというのは、勝った方も負けた方も気まずい感じが出ちゃいますね(-_-;)

一応1~7人まで遊べるとは書いてありますが、やる時は是非5人以上でプレイして下さい!

協力ゲーと言いつつも、ドボンみたいに負けを決めるゲームじゃないなので、勝者が敗者よりも少ない方が盛り上がりますね。

 

最後までどんな街になるかが分からない!

このゲーム(というか、ドラフト系のゲーム)の面白さは何が手元に来るか、分からないこと!

想定したタイルが手元になってしたり顔になったり、逆に想定外のタイルが来て絶望したりwww

しかもこのゲームのポイントは次に自分が渡すタイルを受け取るのが味方であること!

普通のドラフトゲームだったら、1枚で一番点数が伸びるものを取るのですが、こちらは2枚で点数が伸びそうなものを考えることができるんですね♪

そうなると戦略も2倍どころか、3倍にも4倍にも膨れ上がります。その戦略が相手に伝わるのか、ワクワクドキドキしながら、手元のタイルを渡すというものやはり楽しいですね~

 仲間がいるからほかのドラフトゲームにない、面白さが発揮されます!

 

ぜひ、人数が沢山集まった時とかきとか、あまりバチバチしたくない時にこのゲームをやってみてはいかがでしょうか?

 

定期的にボードゲームのイベントを開催してます^_^

このゲームがやりたくなったら、是非遊びに来て下さい😃

   

フェイスブックページ〉

人狼会新宿

mixiページ

ボードゲーム会@新宿 | mixiコミュニティ

 

<スポンサーリンク>