ボードゲーム会主催者ヨッシーのボードゲーム紹介♪

新宿でボードゲーム会を主催していますヨッシーです^_^ここでは私の持っているボードゲームの紹介をしていきます♪気になったのがありましたら、ぜひ遊びに来てください\(^^)/

ハンザの女王〜稼げ!チキンレース!〜

今回紹介するのはハンザの女王!

色んな港で交易を行い、ゲーム終了時のポイントを競うゲームです⛵️

f:id:xyoshixaki:20200713022119j:image

 

 

プレイ人数

2人〜4人

プレイ時間 45分
ルールの複雑さ ★★★★☆(やや難しい)
繰り返し遊べる

★★★★☆ (何度でも遊べる)

 

ストーリー

舞台は中世後期のヨーロッパ。ハンザ同盟と呼ばれる都市同盟が、欧米北部の経済圏を支配していました。その中心都市であるリューベクは「ハンザの女王」と称され、隆盛を極めたと言われています。同盟都市のうち、ロンドン・ブリュージュ・ベルゲン・ノヴゴロドの4都市は商館が設置された、外地ハンザと呼ばれていました。

あなたはリューベクの商人となり、この4都市が交易先を飛び回ります。より多くの商品を、より繁栄した都市から仕入れ、利益を上げるのです。各都市の繁栄・衰退をうまく読みより多くの富を築きあげましょう。

(説明書より一部改変)

ハンザの女王はロンドンやブリュージュ、ベルゲン、ノヴゴロドの4都市を回り、富を気づいていく、そんな感じのゲームです(*・ω・)/

f:id:xyoshixaki:20200713022145j:image

 

ゲームの概要

このゲームは3ラウンド制!

ラウンド毎に山札を作って、山札がなくなるとラウンド終了。これを3回繰り返して点数を競います

 

ゲームの準備

ではではゲームを始めて行きましょう!

最初に準備するのはこの2つ!

・山札の作成

・ボードの準備

・手札の準備

 

・山札の作成

カードは2種類。

裏面にHANSAと書かれたものが通常カード、

裏面に箱が書かれているカードが贅沢品カード。

f:id:xyoshixaki:20200713022528j:image

 

通常カードの山から12、贅沢品カードの山から、8枚を一緒に混ぜて20枚の山札を作ります。

余ったカードはわきに置いておきます。

 

・ボードの準備

 まずは繁栄マーカー

f:id:xyoshixaki:20200713022909j:image

4色のマーカーをすべて左から2個目の場所に置きます

 

次にカードの配置

山札のカードを全部置きます。

f:id:xyoshixaki:20200713023038j:image

 

贅沢品カードがめくれたら、巾着袋から贅沢品コマを置いてきます

f:id:xyoshixaki:20200713023329j:image

 

・手札の準備

 手札は使っていない通常カード4枚から2枚を選びます。

盤面を見て何が欲しいのかを見極めつつ、選びましょう!

 

ゲームの進行

ではさっそく遊んでいきましょう。

 

カードの獲得

自分の手番でできることは「カードを表向きで出す」か「カードを裏向きで出す」かの2択。

 

表向きで出すと、出したカードの色と同じ色の場所のカードが1枚取れます。

f:id:xyoshixaki:20200713024442j:image

逆に裏向きで出すと、好きな位置のカードを取れるのですが、ラウンド終了時の得点やカードの効果は使えません。

f:id:xyoshixaki:20200713024931j:image

その後、好きな繁栄度マーカーを左右に1マス動かせます。

f:id:xyoshixaki:20200713025349j:image

また、取れる場所は港にいるカード!

港というのが、各列の左2列のことを指します。逆に港にいないカードはいくら裏向きで出したとしても取れません。

イメージ、到着予定の船が分かっているって感じですね。到着していないから、カードは獲得できません💦

 

贅沢品

贅沢品コマが置かれている贅沢品カード。

f:id:xyoshixaki:20200713025611j:image

これを獲得したら、一緒に贅沢品コマも獲得できます。

この贅沢品コマ獲得すると点数計算でお得があります。

ただ、基本的に贅沢品コマはラウンドの持越しができません。

その効果を無視できるのが船のカード😃

f:id:xyoshixaki:20200713025714j:image

船のカード1枚当たり、1個のぜいたく品を置くことができます。置いた贅沢品コマはゲームが終わるまで持ち越しが可能!贅沢品コマを取るなら、船のカードを取ることが必須ですね

 

カードの移動

カードを取ったら、必ずカードの移動が発生します。

カードを取ったレーンにあるカードをすべて左にずらします。

f:id:xyoshixaki:20200713030258j:image

 

ここで、左にずれるということは、奥にカードがある場合、その列のカードを取っていかないと手に入らないということなんですね💦

 

繁栄度の移動

カードが全部港に到着すると、繁栄度が変化します。

1番最初に全部港に到着すると繁栄度が-1

2番目に全部港に到着すると繁栄度が+1

3番目に全部港に到着すると繁栄度が+2

4番目に全部港に到着すると繁栄度が+3

この繁栄度は得点計算で説明します。

イメージとしては1番人気のあった都市の商品は市場に出回り過ぎて、値崩れしているんですかね?

取り合えず、自分の囲っている都市の繁栄度は高く、相手の狙っている繁栄度は低くなるように動きましょう(笑)

 

ラウンド終了時

このゲーム、4人プレイなら1ラウンドに4枚カードを取れます。

4枚取ったらラウンド終了です。

 

ラウンド終了したら、点数計算です😃

ラウンド終了時の得点は主に2種 

・都市からの収益

・贅沢品からの収益

 

都市からの収益

都市からの収益はマジョリティ!

プレイヤーの中で、もっともその都市に貢献した人が高い点数をもらえます。

貢献度を測るのが、カードと贅沢品!

これまでに獲得したカードの数字の合計と贅沢品の個数、この2つの合計がその都市への貢献度になります。

 

例えば、この状況だったら、

f:id:xyoshixaki:20200713030505j:image

 

 各都市の貢献度はこうなります。

都市の色

カード点

贅沢品コマ

合計

1 1 2
3 1 4
黄色

0

0 0

2

0 2

 

各都市の貢献度順位が決まったら、得点ボードを見てください。

f:id:xyoshixaki:20200713030620j:image

得点ボードの下に順位が書いてありますよね?

これと都市の繁栄度が点数になります。

 

例えば

今回赤が2位、青が1位、黄色が3位、黒が4位だったら、

赤は2行目で、2×2=4点

青は1行目でら9点

黄色が3行目で0点

黒が圏外で0点

計13点の得点です😃

 

贅沢品からの収益

 最後に贅沢品からの収益があります。

 贅沢品からの収益は贅沢品の種類数!

1種類しかもっていないと2点、2種類だと6点、3種類だと12点

4種類全部集めると20点獲得できます!

 

今回は2種類なので6点です

このラウンド合計19点!

 

如何に早く多くの種類を取れるか、が大きく点数に響いてきます(≧▽≦)

早く全種類コンプリートしたい♪

 

 次ラウンドへの準備

点数計算が完了したら、次ラウンドの準備です。

カードの補充

場のカードを第1ラウンドと同じ状態にしていきます。

4人プレイなら、通常カード8枚と贅沢品カード8枚をシャッフルして、新しい山札にします

新しく作った山札からカードを補充してボードの準備は完了です。

余った4枚と新しく加わった16枚、計20枚なので、第1ラウンドと同じ枚数になるんですね。

 

同盟都市の支援

一番反映していない同盟都市の繁栄度が1UPします。

仲間は見捨てないハンザ同盟ですwww

 

これで準備完了。

2ラウンド以降はこれまでに獲得したカートや贅沢品が累積していきます!

最初のラウンドで負けていても、追い越すこともできるので、そこは腕の見せ所ですね

 

一番得点の低い人から手番開始です。

 

ゲームの終了

3ラウンドが完了したら、ゲーム終了です。ゲーム終了時にも得点があります。

ゲーム終了時のボーナスは3種類

・議会への影響力

・黄金の船

・要人とのコネクション

 

議会への影響力

議会への影響力は裏向きで置いたカードの点数勝負。

f:id:xyoshixaki:20200713031900j:image

伏せたカードの合計点が多い順に繁栄度1位の都市の点数、繁栄度2位の都市の点数…と貰えます。

意外とバカにならない点数になったりするので、計画的に伏せましょう。

 

黄金の船

2つ目、黄金の船は船のカード枚数。

f:id:xyoshixaki:20200713031925j:image

1位が20点、2位が10点、3位が5点です。

贅沢品コマを確保するためにも必要なので、意外とたまっていくこのカード。贅沢品なんか要らないや~って思っていると痛い目にあいますよ (゚д゚)/

 

要人とのコネクション

要人とのコネクションはカードのセットコレクションです。

f:id:xyoshixaki:20200713032045j:image

要人カードはA~Hが3枚ずつ計24枚あります。

この要人カード、同じアルファベットを集めた枚数と種類数の2つの得点があります。

 

要人とのコネクションはカードのセットコレクションです。

要人カードはA~Hが3枚ずつ計24枚あります。

この要人カード、同じアルファベットを集めた枚数と種類数の2つの得点があります。

点数は以下 

同種類の枚数 2枚 3枚
点数 6 20

 

種類数 1種類 2種類 3種類 4種類
得点 2 6 12 20

 

種類数 5種類 6種類 7種類 8種類
得点 30 42 56 72

 

8種類集めた72点って他と比べ物にならないですね。8種類

もちろん、裏向きのカードも込みの枚数です。船と違って、裏向きに置いて、相手の計算を狂わせる価値がありますね。

 

このゲームの面白さ

カードを取る駆け引きが熱い

このゲームの魅力は如何に狙ったカードを取れるか、にあります

ルールで説明した通り、港にいないカードは取れません。

それを取るためには港にいるカードを取って、港まで来てもらわないといけません💦

でも、自分が取れるカードは1手番に1枚!

考えなしに港に引き入れたが最後、他の人に取られちゃいます。

自分が取るには相手に港へ呼び寄せて貰わないといけないのです(^◇^;)

ここからがチキンレース🐓

如何に我慢して相手に港へ持ってきてもらうか、ギリギリまで耐えた方が獲得できます

もちろんそのカードを諦めて、別ルートを開拓するのも手。

その駆け引きが非常に面白いです

 

定期的にボードゲームのイベントを開催してます^_^

このゲームがやりたくなったら、是非遊びに来て下さい😃

   

フェイスブックページ〉

人狼会新宿

mixiページ

ボードゲーム会@新宿 | mixiコミュニティ

 

<スポンサーリンク>